カロリナ酵素プラスを1日12粒以上飲むとどうなるの?

カロリナ酵素プラスを12粒以上飲んだ時の効果

P

食事内容に合わせて飲んだ分だけカロリーをカットしてくれると人気のカロリナ酵素プラス。

 

1日の上限が12粒とされていますが、ふと12粒以上飲んだらどうなるの?と気になりました。

 

飲めば飲むほどそれだけ効果が得られるのか、それとも12粒が上限でそれ以上は飲んでも効果が得られないのか気になったので、実際に問い合わせをして聞いてみました!

 

 

結果…

電話をして直接問合わせた結果、

 

カロリナ酵素プラスは目安として1日12粒までとされていますが、実際は12粒以上でも数に比例してカロリーをカットしてくれるようです!

 

P

極端な話、1袋に120粒入っています。これを一気に飲んだ場合は6,750kcal、半分飲んだ場合は3,375kcalと飲んだ分だけ吸収しないようにカロリーをカットして体外に排出してくれるようです。

 

3000kcalというと、バイキングにいってお腹いっぱい食べた時のカロリーがこのくらいなので、極端な話バイキングに行く時だけ飲む!と決めれば一気にカットしてくれるのでかなり心強い味方になってくれそうですよね。

 

これならちょっとバイキングに行くのも怖くはなくなります。

 

カロリナ酵素プラスのいいところは飲む量に応じてカットしてもらいたいカロリー数をコントロールできることです。

 

おおよそ1粒56kcalカットしてくれるのでこの数字を覚えてうまくカロリーをカットしてくださいね(^-^)

 

P

ただ、一気に飲むとお腹が緩くなったり、体調を崩してしまうおそれもあるので一度に飲む量は自己責任になります。

 

また、あくまでサプリメントなのでこれに頼って食べ過ぎては当然カロリーオーバーになり太ってしまいます。

 

あくまで「食事の際の強いサポーター」としてバッグの中に入れておいてくださいね。

 

 

カロリナ酵素プラスは普段、『少しずつカロリーをカットしてもらいたい』『思いっきり食べるけど吸収しないようにして欲しい!』など使い方次第で自分の理想のカロリーをカットしてくれます。

 

これからの時期、付き合いや食欲が増してついつい食べてしまう、ストレスで過食してしまうから頼む!なんて人には信頼できるサプリメントになってくれそうですね。

 

⇒カロリナ酵素プラスの効果と口コミはこちら