セルライトが特に太ももについてしまう原因

太ももにセルライトがつくのはなぜ?

太もも セルライト

女性は下半身太りしやすい傾向があります。スカートから出た太い足は醜いし、足を隠す洋服を選びたくなりますよね。

 

でも本音をいえば足が出るスカートや短パンをはいてファッションを楽しみたいし、足が細くて長い人を見れば憧れてしまいます。

 

太ももが太ってしまうのはセルライトが下半身についてしまうから。女性はセルライトが特に下半身につきやすいです。

 

ではなぜ女性はセルライトが下半身につきやすいのでしょうか?その真相を探ってみました。

セルライトが特に太ももについてしまう原因

太もも セルライト

血液循環

セルライトが太ももにつく大きな原因として血液循環の悪さが挙げられます。

 

太ももの血流が悪くなると、酸素や栄養を運ぶ血液が流れにくくなり、満足な栄養が届かなくなります。

 

結果、細胞に溜まった老廃物をリンパに流すことができなくなり、細胞の中に脂肪が溜め込まれるようになります。

 

そうした状態が続くと脂肪細胞の一部が変形し、あの嫌なボコボコになってしまうのです。脂肪がついてくると、細胞も脂肪細胞となり、細胞が太ると膨れてきて肥大化します。

 

細胞が肥大化すると、周りの血管やリンパ管を圧迫するので血液やリンパ液の流れが悪くなり、セルライトが太ももにつきやすくなるのです。

 

まさに悪循環ですよね。血流が悪い冷え性の方にセルライトができやすいのもこのためです。

 

骨盤がゆがんでいる

骨盤は上半身と下半身を結ぶ重要な骨ですが、骨盤がゆがむと下半身太りをしてしまいます。

 

というのも骨盤が歪んでいると代謝が低くなり、老廃物が蓄積されやすくなります。すると細胞に老廃物が蓄積され、細胞が肥満化

 

この細胞がボコボコしたセルライトを作り上げるのです。

 

太もも セルライト

セルライトが太ももについている人は、スナック菓子を良く食べ、甘いものが大好きな傾向にあります。

 

また、運動不足で代謝の低い人が多いです。そうしたことが複雑に絡み合って原因となり皮下脂肪が付いてセルライト化してしまうのです。

 

足がむくみやすく冷え症で、傷やアザが治りにくい人も、セルライトが太ももにつきやすい傾向があります。

 

肌のツヤハリがなく、常に乾燥していて、皮膚を触ると冷たい人も、セルライトが太ももにつきやすいので注意が必要です。

 

下半身太りは食事制限では解消しにくく、有効なのはスクワットです。

 

また筋肉をほぐすと痩せやすくなるので太ももの太さで悩んでいる人は筋トレとマッサージが効果的なのでやってみてくださいね!