カロリナ酵素プラス 副作用

カロリナ酵素プラスのの副作用

P

ダイエットサプリメントを飲む時に気をつけなければいけないのが副作用です。

 

特にホルモンバランスに関係してくるサプリメントの場合、女性は生理がとまってしまうようなものもあります。

 

当サイト運営者はありとあらゆるダイエットサプリメントを試してきました。

 

その中には脂肪燃焼を助けるサプリメントで生理がとまってしまうという副作用を経験しました。

 

飲むのをやめて、4ヶ月ほどたってからやっと生理がもとに戻り、副作用は無視できないとその時実感しました。

 

なのでこうしたダイエットサプリメントを服用する場合は副作用には気をつけて欲しいというのが経験者からのアドバイスです。

 

カロリナ酵素プラスの副作用は?

P

カロリナ酵素プラスの副作用を調べたところ、カロリナ酵素プラスは植物性由来でできている健康食品のため、副作用がないことがわかりました。

 

一日に摂取する粒数も決まってはおらず、自分で調整することができます。目安は4粒〜8粒です。またカロリナ酵素プラスは生理中でも、生理中でなくても飲むことは可能です。

 

たくさん飲んでも副作用等は出にくいので、これから食べる!という時には普段よりも飲んでも大丈夫です。たくさん飲みすぎて栄養失調になるなんてこともないのでご安心ください。

 

P

ただ、中にはリポサンウルトラの働きで下痢や便秘、甲殻類アレルギーがある人はアレルギーが出てしまう可能性があるので心配な方は少量から飲み体調面の変化を見ながら飲む量を調整してみてください。

 

また、妊婦さんは飲まないでください。妊婦さんに害を及ぼす成分は配合されていませんが、デリケートな時期のため、胎児や母体の健康を考えると避けたほうが良いです。

 

ただ、妊娠中に太りすぎてダイエットをしなさいと医師に言われることもあります。そんな場合で、どうしても飲みたい場合はかかりつけの医師と相談してから服用するようにしてください。